illustration FILE 2012

2012/05/01  Category: news,press

第一線で活躍中のイラストレーター943人の「仕事ファイル」の最新版、玄光社発刊の 『 イラストレーションファイル 2012 』 。
今年もカニカピラが手がけたイラストレーションが掲載されています。<上巻、226P>

 

誌面では、フジテレビ公式のコミュニティゲームサイト「フジテレビ★プラネッツ」のイベント用(2011年5月「虹色チューリップを育てよう!」、6月「ふしぎな豆の木」、9月「ふしぎな豆の木から桃太郎!」)のキャラクターやビーチを飾るアイテムを中心に、カニカピラの会社案内に登場するイラストや、2011年10月に開催された 「本栖湖ファンドレイジングマラソン」 のロゴデザインを紹介しています。

 

今年は隔年で発行されている玄光社『ファイル』シリーズ、「キャラクターファイル」も6月に刊行予定です。こちらも、カニカピラらしい、楽しいキャラクターが盛りだくさんの内容になっていますので、発売後にブログでご紹介したいと思います。

 

 


バリバラ Barrierfree Variety Show 

2012/04/18  Category: works,web,design,recommend

2012年4月6日(毎週金曜日21:00~)からNHK・Eテレにて 『バリバラ ~障害者情報バラエティー~』 の放送が開始されました。カニカピラでは、番組ロゴ、オープニング映像、キャラクターなど、本編で使用されるビジュアルから番組サイトまで、ほとんどのクリエイティブを制作しています。

 

詳細を表示する

『バリバラ』 は、1999年からNHK教育(Eテレ)で放送されていた福祉系情報番組「きらっといきる」内の企画「バリバラ~バリアフリー・バラエティー」がレギュラー放送化したもので、これまでの“障害者=真面目、がんばる”という既成のイメージを打ち壊すために「No Limits」をかかげる日本のテレビとしてはかなり刺激的な情報番組です。

 

番組は次のようなコンセプトに基づいて製作されています。「バリバラ=“バリアフリーバラエティー”、恋愛、仕事から、スポーツ、アートにいたるまで、日常生活のあらゆるジャンルについて、障害者が “本当に必要な情報” を楽しくお届けする番組。モットーは “No Limits(限界無し)” 。これまでタブー視されていた障害者の性やお笑いのジャンルにも果敢に切り込みます。本音をとことんぶつけあい、一緒に笑って、一緒に考えて、本気でバリアフリーな社会を目指します!!」
VTRにはコント風の再現ドラマや突撃リポートなど、障害者の日常を視聴者に分かりやすく伝えるバラエティ的な演出の工夫があり、スタジオには様々な障害のある人たちが毎週登場します。


 
 
▼ 『バリバラ』 番組本編オープニング映像

 
“これまでの伝統的な福祉番組のスタイルを刷新し、社会が障害者に抱いている既成イメージを変えていくこと。障害者独特のテンポ感や、ライフスタイルに着目し、それをリブランディングしていくこと。” 
こういった番組の目的やディレクターの思いを受けて、『バリバラ』のクリエイティブは制作されました。障害をモチーフにしたインパクトのあるビジュアルの数々は、障害を持つことで研ぎ澄まされた、個性・感性・才能を表現しています。障害をチャームポイントに変えていくこと、逃げずにそこにフォーカスすることで、バリアフリーな番組としての取り組みを視覚化したいと考えたからです。「こんなことしていいの?」「笑っていいの?」と、視聴者の中に「 !? 」を投げかけることで、障害者に対する心理的なバリアを取り払い、社会が障害者に抱いている既成イメージを変えていく、それこそが『バリバラ』のビジュアル表現が目指すものです。

 
 
▼ 『バリバラ』 クラッチ映像(番組宣伝用映像)

 
次回のブログにて、ロゴ(トライバルタトゥーをモチーフにした“トライバルロゴ” )についてや、ポスターや番組サイトにも使用しているメインビジュアルの画面構成(構成主義をベースにした表現)、キャラクターデザイン(それぞれに障害を持つ3キャラ)、サイトデザイン(ユニバーサルデザイン)、障害者のリブランディングについてなど、詳しくご紹介したいと思います。

 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
お話をいただいてから様々な話を聞き、下調べを行い、制作しながら感じたことですが、一番は障害者に「慣れる」のが大切なことではと思っています。だからテレビは非常に有効だし、作る側が今の世間の基準にあわせて遠慮してはダメ。結果、意識的にリミッターはずしながら制作をおこないました。障害を持った方は、見た目は少し違う風に見える場合もありますが、中身はもちろん同じ、もしくは健常者よりは人間的にこなれている人が多いのです。障害もすごく多種多様で、ひとくくりに話すには無理がありますが、かわいそうとか、特別という言う感覚はこころに壁があることの証明みたいなものなので、「真面目」で「頑張る」「可哀そう」といった障害者イメージがこの番組によって変わっていくことを期待して、今後も制作を続けていきたいと思います。(姉川)
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

『バリバラ』番組本編は、Eテレ[毎週金曜、21:00~21:29]、または再放送[毎週水曜、24:30~24:59]でお楽しみください。
Twitter 「@nhk_baribara」 からは番組の最新情報や取材エピソードなどもチェックできます。

 


新生活にはコレNIGHT ラップでプラス★エブリプラス

2012/04/16  Category: works,web,entertainment

三井住友VISAカードが発行しているリボ払い専用のクレジットカード「三井住友VISAカード エブリプラス」の学生や新社会人に向けたプロモーションサイト「新生活にはコレがNIGHT~ラップでプラス★エブリプラス~」。カニカピラでは、キャラクターやサイトのデザインを手がけました。

 

詳細を表示する

「三井住友VISAカード エブリプラス」は、通常よりもポイントが3倍貯まる年会費永年無料の人気のクレジットカードです。「新生活にはコレがNIGHT~ラップでプラス★エブリプラス~」のサイトでは、エブリプラスを活用した、賢くお得なカードライフを音楽ゲームでPR。都会で新生活を始めた主人公(エブリボーイ)の、エブリプラスでカードデビューした日常の出来事が、軽快なラップでつづられていきます。

 

音楽ゲームは「一人暮らし編」と「合コン編」の2ステージ。遊び方は、画面上部から降りてくるボタンを、音に合わせてクリックするだけなので、誰でも簡単に楽しむことができます。ゲーム中はボタンのクリックごとにタイミングの良さが判定され、「COOL! 」「TOO EARLY! 」などのコメントが表示されます。ゲームの途中でラップのフレーズを選択するパートに切り替わった際は、プレイヤーが自分の好きなフレーズをクリック。ゲーム中に選んだ歌詞でオリジナルのラップが完成、プレイ後にはTwitterやfacebookに投稿することもできます。

 

今回はデザインアイデアの段階から、思いきって振り切れたキャラクターたちを提案した結果、エブリボーイやエブリマンをはじめとする、お茶目で個性的なキャラクターたちが誕生しました。彼らを軸に親しみやすくポップなデザインに仕上げ、楽しいリズムゲームの世界観を演出しています。ボタンをクリックするタイミングによって、画面上のキャラクターの表情や動き、各ステージの締めくくりとなるラップが変化しますので、リズムを上手くとりながら、ノリノリで遊んでみてください。

 

 

 


Little Witch

2012/03/14  Category: design,anekawa,embroidery

株式会社フローフシが展開する “メイクがそのままエイジングケアになる” コスメブランド 『 リトルウィッチ 』。ブランドサイトなどでメインビジュアルに使われている 「Little Witch」 のロゴタイプのデザインと刺しゅう制作を姉川が手がけました。

全体のクリエイティブコンセプトは “女の子はカワイイの研究者” 。現代版キュリー婦人をイメージした世界観で、リトルウィッチのブランドコンセプトである “メディカルメイク” と、女性が可愛くなるために日々研究しているアカデミックさを演出しています。
そうした世界観を受けて、タイプデザインでは、ブランドカラーのシルバーを基調に、ステーショナリーや、独自のエイジングケア成分「フロー石」をイメージしたモチーフを加え、可愛さとメディカル感を表現しました。リトルウィッチの 「もてますカラ」 は、クチコミやメディアで話題の人気商品です。マスカラでエイジングケア未体験の方は、ぜひお試しください。

 

 


Felissimo for Disney おしゃれ絵本

2012/03/14  Category: anekawa,embroidery

ファッションアイテムや雑貨などが人気のカタログ通販フェリシモの、ディズニーの人気キャラクターがモチーフとなったオリジナル商品を掲載しているカタログ 『Felissimo for Disney おしゃれ絵本』 。2012年春夏号のビジュアルイメージに使われているキノコや魔法のアイテムなどの刺しゅうを、姉川が手がけました。

 

詳細を表示する

今回のビジュアルイメージのテーマは“キノコの魔法”。ある日、女の子がお昼寝から目をさますと、魔法のキノコの森の中に。
女の子がキノコを食べるとステキなお姫様になったり、かわいい子供になったり、増えてしまったり・・・

 

けれど、それは・・・すべて夢の中の出来事だったようです。
 

バリエーション豊かなかわいいキノコたちと、お姫様や魔法をイメージしたモチーフの数々。キラキラしたビーズやスパンコールも贅沢にあしらって、ひとつひとつ、とびきり素敵なアイテムに仕上げています。

 

 

フェリシモの 『Felissimo for Disney おしゃれ絵本 2012年春夏号』 は無料カタログです。その他の最新カタログと合わせて、この機会にぜひお申し込みください。Webサイトからはデジタルカタログも見れますので、こちらもチェックしてみてください。

 


ally-私を残すメモ-

2012/03/01  Category: works,design,smartphone


株式会社シーエー・モバイルが運営するスマートフォン向けソーシャルライフサービス「ally(アリー)-私を残すメモ-」のアプリデザインを手がけました。「ally-私を残すメモ-」は、2012年2月16日のサービス開始から1週間で10万ダウンロードを突破、日常の気になった情報を手帳やノートにメモしたり、写真をコルクボードに貼るような感覚で、つい忘れがちな日常を楽しく残すソーシャルライフアプリとして人気を集めています。

 

詳細を表示する

ally(アリー)はこれまでに実名制の位置情報SNSとして2010年12月からサービスを提供、前バージョンのallyでは親しい人の間で使われるコミュニケーションツールを想定して設計されていましたが、リニューアルの「ally-私を残すメモ-」では、情報を共有する思想を維持しながらも、よりオープンにつながっていけるツールにリデザイン。誰とでもつながりが楽しめるライトさや拡散性を重視し、友達に教えてもらった店舗や雑誌で気になったもの、食事の写真などをメモに残すような感覚で記録できるソーシャルライフサービスとして、大幅にリニューアルされました。

 
 
           ▼ally 前Ver (実名制の位置情報SNS)-緑を基調としたユーザーインターフェースデザイン

 

カニカピラでは、前バージョンよりallyのデザインを手がけていますが、リニューアルのデザインコンセプトは“私を残すメモ”。
ネットやアプリは一過性のもので、思い出なんて残らないもの・・ではなく、「ally-私を残すメモ-」では、出来事と一緒にその時の気持ちや思いも記録しておけるアプリを目指し、親しみやすくフラットなデザインでありながら、情緒的な気持ちに触れるような、懐かしい、優しいデザインを意識しています。

 

▲新機能の1つ、「食べた(Eat)」・「買った(Buy)」・「行った(Visit)」・「思った(Think)」の4種類から投稿内容が選べます。人気タブでは、人気の投稿内容や注目ユーザーが表示され、他のallyユーザーの情報がチェックできます。

 

▲日常の気になったことメモし、お気に入りの情報として残したり、他のallyユーザーの位置情報つきの投稿に「いいね!」しておくと、その場所に近づいた時にプッシュ通知でお知らせしてくれる新機能も。

 
 

現在、動画配信サービス「GyaO!」で配信中のトーク番組「よしログ」と連動し、よしログ出演の芸人がグルメ情報をallyに投稿するコラボレーション企画 “新生活応援プロジェクト” や、アプリのダウンロードで豪華賞品が抽選で当たる期間限定キャンペーンも行っています。アプリは無料ですので、まだ登録されていない方は、この機会にどうぞお試しください。

 

 


LOVE FOR NIPPON Art Project

2012/03/01  Category: anekawa,embroidery

2011年9月に渋谷パルコにて開催されたLOVE FOR NIPPON Art Project 『 366 ART HEART COCORO 』 のエキシビションが、2012年3月1日(木)から3月31日(土)まで大阪NU chayamachi にて開催されます。前回同様、国内外の様々なアーティストから寄せられた作品のチャリティ販売の他、週末にはイベントも開催されますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

詳細を表示する

 

 

2011年3月11日の東日本大震災の直後より、様々なジャンルの著名人・アーティストたちがスターターとして集まり、被災地のための様々なアクションを起こし、活動を行っている 「LOVE FOR NIPPON」 。復興から発展までを支援していくLOVE FOR NIPPONから、アートを通じて人びとのココロを繋ぐ新しいプロジェクト LOVE FOR NIPPON Art Project 『 366 ART HEART COCORO 』 が立ちあがりました。渋谷パルコにて9月3日(土)より開催される1st.エキシビションに、姉川もアーティストとして参加します。

 

LOVE FOR NIPPON 『 366 ART HEART COCORO 』 とは、「LIFE=生きている喜び・人生 」をテーマに、1年365日+新しい未来への1日 = 366の「LIFE」をつないでゆくアートプロジェクトです。今回の1st エキシビションでは、国内外の様々なジャンルで活躍するアーティストやクリエイターら100人のメッセージアートが展示されます。また、このエキシビションは366のメッセージアートの日めくりカレンダーの制作を目指すアートプロジェクトのキックオフイベントとして開催され、LOVE FOR NIPPONのスターターに名を連ねるタレントやミュージシャンなどからのメッセージも合わせ、366のココロのメッセージアートを広げていきます。

 

 

 

LOVE FOR NIPPON Art Project  『 366ART HEART COCORO 』
― 1年365日+新しい未来への1日 = 366の「LIFE」をつないでゆくart project ―
●会期 2011年9月3日(土)-2011年9月19日(月・祝) / 10:00 – 21:00
     *入場は閉場の30分前まで
     *最終日は18:00にて終了
     *初日9月3日(土)は17:00にて閉場
●料金 入場料無料
●会場 PARCO FACTORY 渋谷パルコ パート1 / 6F
address. 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ パート1 / 6F
tel. 03-3477-5873 (パルコファクトリー)

 

 

 

▲ 姉川 たく 出展作品  「 むすびめギュー 」 

 

 

何かと何かの間に結び目を感じる時、奇跡を見た気がして気持ちが高揚します。
 
誰かが誰かに手をふっている。
誰かが誰かのことを思い悩んでいる。
犬が飼い主にむかってしっぽをふっている。
 
誰かと何か間に結び目を感じる時、そこに物語が見えて、世界が少しは良く見えてきます。
ぼくにとって幸せな瞬間とはそういうものです。

 

 

アーティストらの作品はチャリティーとして販売されます。また、会期中は来場者も参加できるワークショップや、LOVE FOR NIPPONのこれまでの活動に出会うイベントも開催されますので、ぜひ足を運んでみてください。

 


rooms24 -扉の向こう側-

2012/02/17  Category: anekawa,embroidery

2012年2月に科学技術館にて開催された、H.P.FRANCE主催の「rooms24」 “ 扉の向こう側 ” のエントランス展示の模様をいくつかアップしました。会期中、姉川は皆さまからのリクエストに応えて、ミシンギターのパフォーマンスも行いました。

 

姉川の“扉の向こう側”の活動第二弾、2012年5月18日(金)から6月3日(日)まで、ラフォーレ原宿1Fにあるインタラクティブスペース「container-コンテナ-」にて、新作ワッペンの販売を行います。この期間限定ショップと連動して、「WALL ART SCENE」での展示も同時開催します。こちらも追ってブログでご紹します。

 

詳細を表示する

 

 

 

 

2012年2月21日(火)-23日(木)の3日間、科学技術館にて開催されるH.P.FRANCE主催のファッションとデザインの国際合同展示会「rooms24」 “ 扉の向こう側 ” ブースのエントランスにて、姉川が展示を行います。

 

「rooms(ルームス)」は国内外の約400ブランドが出展するファッションとデザインの国際合同展示会です。出展者は創造性と独自性を基準に選ばれ、商品はレディース・メンズウェア、アクセサリー、服飾雑貨、キッズ、プロダクト、アートと多岐にわたります。会場では、アートエキシビジョンやファッションショーなどの企画も充実し、単なるビジネスの場所の提供だけではなく、クリエイティブな情報の発信を続けています。
24回目となる今回の「rooms24」は、“冒険-BOUKEN”をテーマに、新会場となる科学技術館にて開催。会場内にはトランスフォーマーの巨大フィギュア(約2m)の設置や、初日の夜にはアートユニット明和電機による本格的なライブも行われます。

 

 

「 rooms24 」 
●会期 2012年2月21日(火)-23日(木)10:00~18:00
●会場 科学技術館 (東京都千代田区北の丸公園2-1)
●主 催 アッシュ・ペー・フランス株式会社
●公式サイト www.roomsroom.com/
●来場 招待状をお持ちの方のみ

 

姉川が展示を行う “ 扉の向こう側 ” は、Lamp harajukuのディレクター米山えつ子さんがプロデュースする、ファッション・アート・デザインがそれぞれの枠にとどまらず、生活に自然と流れ込んでいくような空間を表現したブースです。

 

Taku Anekawa
アーティスト(ギャラリーNANZUKA所属)、アートディレクター(KANIKAPILA DESIGN Inc.代表)
糸を用いた独特の手法で作品制作を行う。2011年ベルギーのテキスタイルトリエンナーレに出展。
http://nug.jp/artist/2010/03/taku_anekawa.html

 

姉川は国内に限らず海外でも展示活動を展開していますが、限られた空間や境界線を飛び超えたアートピースとして、もっと日常の中でアートを身近に感じてもらえるよう、ここ最近では刺繍ワッペンをはじめ、Tシャツやスニーカーなど、様々なアイテムを発信しています。

 

 

展示に向けて、姉川が以下のコメントを寄せています。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

 ワッペンは世界最小のアートピース。
 として、こっそり人知れずワッペンを作ってきました。
 roomsはファッションの展示会ですから、バイヤーさんも沢山いらしゃいます。
 ぼくが作るワッペンはファッションか?と問われれば、甚だ疑問ですが、アートか?と問われても、やっぱり疑問です。

 

 そして、そういう限りなく境界線上の作品を作ってしまっている以上、発表する場が難しい…。
 米山さんから、扉の向こう側の入り口を飾ってほしいと言われた時に、このワッペン達に日の目を見せてあげたいと考えました。
 もちろん、小さなワッペンなので、大きな空間の入り口をそれだけで飾るのは無理です。
 でも、展示の考え方の中心にはワッペンを置きました。
 他にも、糸でグルグル巻きのスカルプチャー、BOOKシリーズ、ミシンを使ったライブ刺繍。
 こういった要素が展示される予定です。

 

 ミシンをギターのように肩にかけた怪しい人がいれば、それがぼくです。

 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

姉川の数々の作品が一堂に会し、人々をファッション・アート・デザインの枠にとどまらない “ 扉の向こう側 ” の空間へといざなうエントランスとなります。ご来場予定の方は、ぜひお立ち寄りください。

 

 


フジテレビ★プラネッツ 12月イベント(2011)

2012/01/11  Category: works,entertainment

カニカピラが毎月アイテム制作やアニメーションを担当している、フジテレビ公式のゲームサイト 『 フジテレビ★プラネッツ 』。
12月の魅惑の南国「トロピカル★クリスマス」イベントは、2011年12月5日(月)~12月26日(月)まで開催していたクリスマス期間限定のスペシャルイベントです。

 

今回のスペシャルビーチは、雪で埋もれた山奥の景色を再現した「雪の森ビーチ」。ビーチにあるモミの木をクリスマス限定アイテムで飾ると、クリスマスツリーで囲まれたビーチに変身します。ショップで購入した“クリスマスキャンドル”を期間中全員に配られる“モノトーンのステンドグラス”と一緒にビーチに置くと、クリスマスにちなんだ限定アイテムが手に入ります。

 

また、同時開催していた「5人のサンタをあつめて豪華プレゼントをゲットしよう!」イベントは、期間中プラネッツ内のいろいろなところに登場する5色のカラーサンタを集めると「本物のタラバガニ」や、「フルーツの盛り合わせ」が抽選で当たる特別イベント。5色のサンタのふしぎなチカラで、モノクロのステンドグラスがあざやかなカラーに包まれます。

 

This movie requires Flash Player 9

 

 


あけましておめでとうございます

2012/01/05  Category: news,staff

新年あけましておめでとうございます!2012年もカニカピラをどうぞよろしくお願いいたします。

 
1月4日はカニカピラの2012年の仕事初め。ということで、日頃お世話になっている皆様に新年のご挨拶をと、社員総出で写真撮影へ行って参りました!今回はその模様をレポートとしてお届けします。

 

詳細を表示する

2011年暮れ、我々カニカピラ一同は新年の写真撮影に向けテーマを絞ることに。2012年は辰年ということで、昇り龍にあやかり、なおかつカニカピラらしい楽しくて元気な写真がよいということで 「スーパーサイヤ人」 に決定!7名の全メンバーが揃えば、ドラゴンボールで神龍(シェンロン)を呼び起こせるくらいのパワーを・・という意気込みが込められたテーマです。

 
 

お手製の衣装持参で、秋葉原の写真館へ。胸のマークは「亀」ではなく「蟹」です。

 

ついにカニカピラの長「亀仙人」ならぬ「蟹仙人」の登場!

(蟹ですが)得意の空中浮遊を披露してくださいました。

 

ここからはKANIKAPILAスーパーサイヤ陣のオフショットをお楽しみください。

スーパーサイヤヘヤーと凛々しい眉の色は、ひそかの各々の名刺のカラーと合わせていたり・・

 

可愛らしいシェンロンやドラゴンボールも、この日のために探し回って買い揃えました。

 


お店の方がとても親切で、勝手に撮影会をはじめてしまった我々をやさしく見守っていただき・・謝謝です。

 

気合いを入れて撮影した写真たちは蟹仙人の千里眼によって選定されております・・


 

こちらは蟹族最強の勇者の有り難い一枚です!

 

すっかり秋葉原の空気に酔いしれた我々は、メイド喫茶を堪能して中目黒へと帰って参りました・・

 

ちなみにこちらは、蟹仙人がメイドさんにネコと龍のコラボレーションという渋いお絵かきをチョイスしたオムライス。

 

・・こうして2012年のgifアニメ年賀状が無事撮影されました。最後は、気合いが入りまくりのスペシャルショットです。

カニカピラでは、2012年も全員が一丸となって、至って真剣に面白いものづくりに取り組んでいきます!

皆さま、本年もよろしくお願いいたします!!

 


カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.