小諸ツリーハウスプロジェクト

2013/11/28  Category: works,web,recommend

安藤百福センターが企画する 「小諸ツリーハウスプロジェクト」のサイトを制作しました。

 

詳細を表示する

小諸ツリーハウスプロジェクトは、安藤百福センターの敷地内に、様々なアーティストが“既存の枠にとらわれない自由な発想のツリーハウス”をデザインし、自然とアートが共鳴する新しいコンセプチュアルな空間を創造していくプロジェクトです。

 

安藤百福センターのサイトでは、自然体験活動の内容を伝え、啓蒙することが主な目的でした。一方、その対となる小諸ツリーハウスプロジェクトのサイトは、ツリーハウストレイルコース などをフックにして、今まで百福センターに訪れていない層の人を誘致し、もっと広くセンターの活動を知ってもらうための“入り口”としての機能を持ったサイトとして制作されました。

 

サイトはツリーハウスの紹介とデザイナーインタビュー、トレイルコースの紹介、小諸情報の3本のコンテンツをメインに構成しています。なかでも、ツリーハウスは2013年11月現在掲載中の nendo 「bird-apartment」 、 古谷誠章 「又庵(yu_an)」 、 play set products 「チーズハウス」 の他、第4弾はカニカピラ、第5弾は佐藤可士和といったデザイナーやクリエイターが参加する企画で、地元の小諸市をはじめ、県内外の注目度も高いメインコンテンツとなっています。

** 2013年12月、カニカピラ「オオムラサキのツリーハウス」、佐藤可士和 「」のツリーハウスも公開しました **

 
ツリーハウスプロジェクトを10年スパンの企画にしたいというお話もあり、サイトは耐久性のあるデザインとシンプルな構造をベースに計画されました。TOPページのファーストビュー全面にツリーハウスの写真を大きく配置し、自然の楽しさ、面白さをビジュアルで訴求する。その後、各ツリーハウスの紹介から、周辺の各トレイルコースの紹介へ、そして、小諸の魅力も伝えながら、百福センターの存在感を段階を追って伝えていく流れを意識したデザインとなっています。

 

わたしたちも実際に現地に何度も足を運ぶ中で、小諸をはじめ、百福センターの魅力を肌で感じています。子どもたちに自然体験活動の素晴らしさを伝える、日本の未来につながる百福センターの活動内容をもっと多くの人に届けたい。カニカピラは、今後もサイトの運用更新に積極的に携わっていきたいと考えています。

 

 

 


← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.