SHELLZE TERRACE 尾山台

2013/11/01  Category: works,web

明豊エンタープライズが展開する外断熱マンション 「SHELLZE TERRACE 尾山台」 のブランドサイトを制作しました。

 

詳細を表示する

世界品質の外断熱マンションシリーズ「シェルゼ」のノウハウを元に、明豊エンタープライズから新しく誕生した住まいのブランド「SHELLZE TERRACE(シェルゼテラス)」は、住まう人の快適な暮らしを追求し、これからの時代と暮らしを見つめた新しい発想のタウンハウスです。その第一号となるのがSHELLZE TERRACE 尾山台です。
 

今後の戸建て・タウンハウス事業展開を見据えた企業ブランディングのキーとなる初のブランドのため、広い意味でのブランディングを目的として、ブランドサイトは計画されました。
単に賃貸物件を探す人に向けて作られたサイトではなく、地主やオーナーへのプロモーションも視野に入れ 「シェルゼ」 が今後目指す、エコで新しい発想のタウンハウスで、豊かな生活を送るイメージを訴求することを表現の柱におきました。

 

― コンセプト 「明豊エンタープライズの戸建て・タウンハウス事業のブランディング」
― 目的 「地主、仲介業者へのプロモーション」
― ターゲット 「地主/オーナー/賃貸者」
― 表現の柱 「エコで新しい発想のタウンハウスで、豊かな生活を送る」

 

カニカピラでは、ブランドサイトのディレクション、デザイン、コーディング(HTML5+CSS3)、JavaScript、撮影やコピーワークなど、サイト制作に関する一式を行っています。SHELLZE TERRACE 尾山台の特徴である、家族間のコミュニケーションを豊かにする“スキップフロアー”をより魅力的に伝えるため、パララックス(視差効果)を取り入れた演出に。周辺環境の豊かな緑に囲まれた環境をビジュアルに用い、立地条件や建物のもつ良さを総合的にユーザーに伝わるようにデザインされています。

 

スクロールに合わせた視差効果のアニメーションは、canvasのマスク(clip)とパララックスを組み合わせて実装しています。
canvasはレンダリングに負荷がかかるため、全てをcanvasのclipで実装せずに通常画像と交互に重ねることで重さを軽減している他、マウスホイールで余韻が残るイージングスクロールを実装することで、パララックスを効果的に演出しています。
ダイナミックな写真の切替りタイミングを重視しながらも、スムーズな動きの気持ちの良さにこだわったサイトになりました。

 

 

 


← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.