2020年 あけましておめでとうございます

2020/02/26  Category: works

※こちらの記事は、2020年お正月にお世話になった方々に送らせていただいた、カニカピラからのお年賀メールの内容になります。

 

 

 

 

 

 

新年!あけましておめでとうございます!

旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。

2020年も変わらぬご愛顧のほどを、よろしくお願い申し上げます!

 


 

ところで皆さんは、2019年の”今年の漢字”がなんの漢字だったかはご存知でしょうか?

 

画像元:NHK政治マガジン(https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/27445.html

 

今年の漢字とは

その年の世相を表す”漢字一字”を財団法人日本漢字能力検定協会が日本全国で公募し、その中で最も応募数の多かった漢字一字を公表する。日本漢字能力検定協会が年末に行うイベントの一つ。

 

この漢字を見ると「あぁ、今年は確かにそんな事があったなぁ…」としみじみ一年を振り替えれるのですが、2019年の”今年の漢字”は、なんと「令」だったのです。

 

正直に、みなさんの感想を伺いたい。

 

「令」どうですか…?

 

もちろん、2019年は新元号の令和が発表され、その「令」ということはわかるのですが…

 

ちょっと………あまりにも……ですよね…?

 

というわけで、今年の新年お年賀メールでは、”デザイン会社”であるカニカピラが2020年の漢字を大予想したいと思います!

筆を取るのはこの方、カニカピラ代表「姉川たく」

 

落ち着いた表情ですね。

 

姉川「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今回”今年の漢字”の大予想ということですが、予想にならないかもしれません。当てちゃって…良いんですよね?」

 

自信の程は十分!それでは早速書いていただきましょう!


姉川「・・・」

そのポーズで無言?

 


 

それでは、よろしくお願いします!

 

姉川「…来た!」

 

 

姉川「出来ました…!」

 

ありがとうございます!
それでは発表していただきましょう!
株式会社カニカピラ代表の姉川たくが、予想する”今年の漢字”とは!?

 

 

 

命?

 

2020年の今年の漢字が…命…?

これはどういう年になると思ってお書きになったんですか?

 

 

姉川「ダブル命」

 

 

???????????????????

 

 

こんな事があってよいのでしょうか…。あえて、面白いか面白くないかで言うならぶっちぎりに面白くない予想…。ただ、2006年の今年の漢字も「命」ということで、少し悲しいニュースが多いという予想なのでしょうか…?

 

 

姉川「閃いた!」

 

これは!もう一文字書いていただけるということなのでしょうか!?

少し心配でしたが安心しました…!それでは今一度…!よろしくお願いします!

 


姉川「出来ました…!」

 
それでは今度こそ…!よろしくお願いします!

 
株式会社カニカピラ代表の姉川たくが、予想する”今年の漢字”とは!?

金!

 

これは!本気で予想してきた模様ですね…!

2020年は東京オリンピックもあり、今までも”今年の漢字”では3度も選ばれている事から、これは有力候補なのではないのでしょうか!?

 

ただ、ポーズが古い。

 

 

姉川「えへへ…」

 

 

えへへて…。

 

金(きん)だと思っていたんですが、金(かね)のようです。

なんかゲスで少しがっかりです…。それではこれにて…

 

姉川「まだまだ!」

 

なんと!もう一文字書いていただけるということなのでしょうか!?

少し心配でしたが安心しました…!それでは今一度…!よろしくお願いします!

 

姉川「出来ました…!」

 

それでは、株式会社カニカピラ代表の姉川たくが、予想する”今年の漢字”とは!?

え!?

 
 

女!?

 
 

嘘か…!?

 
 

2020年。令和2年ですよ!?

 
 

ニュースとか見てます?

 

姉川「見てます」

 

女性が活躍した年だとしても”女”になりますかね…?

 

どう考えてもふざけているようにしか見えません…。

 

会社はもちろん。個人のモラルが問われる時代に、”女”の一文字は…ちょっと…。

 

まぁ、姉川さんのガチ予想ということであれば…

 

姉川「ああああ!!!もう!!!!」

 

姉川「ああああ!!!!!」

 

どうしたんですか…そんなにヤケになって…

 

 

友!?

 

 

・・・

 

 

友!?!?

 

姉川「チング…」

 

チング?…これはもう引き上げですね。

 

友て…

 

友だけは絶対に無いと思います。

 

姉川「そこまで言わなくても…じゃこれは?」

 

えぇい!ままよ!!

 

姉川「出来た!」

 
途中、なんか見ながら書いていませんでしたか…?

 

果たして…

 

蟹!?…で、あってますか!?

 
姉川「そうです」

 

姉川「いえーい!!!」

 

これって大丈夫ですか?

 

完全に会社の長なんですが…なんか嫌なことでもあったのか…?

 

姉川「なんで蟹って書いたかわかりますか?」

 

わかるよ。そんなの聞かないでください。

 

姉川「カニカピラだからです」

 

なんで言ったんですか。もうやめましょう。

 

このままだと、かなり良くない。

 

姉川「…いや…待ってください……!!!」

 

 

 

姉川「かなり!たくさん!いっぱい!閃いたし!」

 
 

かなり!?

 
 

たくさん!?

 
 

いっぱい!?

 
 

閃いたし!?!?

 

 

 

おそらく嘘。

 

だとは思うのですが…下手な鉄砲数うちゃ当たるとは言いますからね…

 

しかし、今のままでは「命」「金」「女」「友」「蟹」と…お遊戯会か? 少し並び的にまずいので…ここは一つ!バシッと決めていただきましょう!

 

それでは…!よろしくお願いします!

 

姉川「あいよ!」 
 

姉川「出来ました…!」

 

それでは連続で!よろしくお願いします!

 

株式会社カニカピラ代表の姉川たくが、予想する”今年の漢字”とは!?

肉!?

鰺!?

明日!?

これは…何?

…ありがとうございます。

 

「肉」「鰺」「明日」…最後は、なんですか?

 

ダイナソー・姉川「がおー!恐竜です」

 

…恐竜…?

 

なるほど…。

 

途中から二文字になっていますし、最後の恐竜に関してはもう読めないですし…。

 

あと、字が上手なのはなんなんだ。

 

姉川「まだ、気づかないんですか…?」

 

え?

 

姉川「映画ベスト・キッドでは、意味の無い動きこそがカンフーの修行になっていました。これもまた同じ…。意味の無い文字なんて無いんです」

 

!?

 

姉川「僕が今まで書いた字を全てつなげてみてください…」 

 

これまでの全ても文字…!

 

そういう事か!姉川さん!あんたすげーぜ!

 

 

命…!

金…!!

女…!!!

 
 

 

うおおおおおお!!!!!!

 

 

姉川「…そう。僕が言いたかったのは…こちらです」

 

 

 姉川「です」

 

なんですか、これは…?

 

 姉川「特に意味はありません」

 

そうですか。

 

さようなら。

 


 

 

いかがでしたでしょうか?

以上、カニカピラが予想する”今年の漢字”でした。

どれか一つは当たると姉川は豪語していますが…どうなんでしょうね?

 

また、何らかの奇跡が起こり、皆様の心に響く一文字がありましたら幸いです。

 

カニカピラは2020年も”真摯”に”ものづくり”に”向き合い”取り組んでまいります。

本年もどうぞお願いいたします!

 


 

カニカピラでは『デザインでものがたる』をクリエイティブコンセプトに、Webに関わる政策をトータルに提供します。

Webブランディング、コーポレートサイト、PRサイトどのようなプロジェクトでも、皆様とのご縁を大切にし、ご期待にこたえられるよう取り組んでいきます。

本年も”つくってすすむ”カニカピラを、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 

代表取締役・アートディレクター/姉川 たく
ディレクター・デザイナー/キシモト ヒロキ
ディレクター・フロントエンドエンジニア/李 映昊
ディレクター/高杉 未来之進
コーダー/野口 浩二
コーダー/佐藤 蘭
デザイナー/佐々 聖
デザイナー/呉 祥寧
エンジニア/小松 弘昌 
 
 

 

今年もカニカピラをどうぞよろしくお願いします。

株式会社カニカピラ 日本153-0061 東京都目黒区中目黒1-9-6Labo1F 03-5768-3241

← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.