【カニコラム#1】なぜカニカピラ?

2018/02/16  Category: column


※不定期連載「カニコラム」は、カニカピラ社員パッサンによるテーマ自由な記事です。第一回は、会社紹介をしてもらいました。



そうですね。なぜここに仕事してますかね?

初めまして、パッサンです。「パッサンさん」って呼びづらいので、みなさんが僕の愛称で
「トン」と呼びます。豚ではありません。
僕はタイ人です。今年2年目でカニカピラでフロントエンドエンジニア(コーダーの格好つ
ける呼び方w)として勤めています。
では、タイトルに戻って、「なぜカニカピラ」ですか?
うん…いろんな理由があります。


柔軟性

他の製作会社と同じだと思いますが、スーツじゃなくてOKです。
打ち合わせとか来客がなければ、ショットパンツでもありですw
そして、勤務時間は2パターンが選べます。
朝起きの人は10時からで、もうちょっとゆっくりの方は11時でスタートできます。(ちゃんと8時間仕事すればね)
つまり、カニカピラはライフスタイルに合わせて仕事できる会社です。(緩い会社ではありません!)

柔軟性

外国人なので、差別されたことが敏感ですが、今までここで働いて一回もそういう感じがありません。
男女平等だし、国籍は関係ない会社で、「お前は外人だからいいや」っていうことは全然ありません。
逆に、外人アピールはここで使えません。日本人ではないから分からなくても平気じゃなくて、分からないことがあったら聞かないとダメ会社です。すごい成長しやすいところですよ。

高成長

カニカピラは「うちはこうだから、変わっちゃダメ」ではない会社です。
仕事のやり方に対して、何が変わりたいことがあったら相談できたり、より良い方法があればみんなとブレインストーミングしたりすることができます。
新しい技術が毎日増えてる業界なのに、「うちは使わない」とか言う会社があるでしょう。
ここはそう言うことがありません!みんな共用して、可能であれば新しいことを試しに使ったり、相談したりします。

まだ細かい理由がちょこちょこありますけど、とりあえず今回はこれで(^^)
日本語を間違ったところがあるかと思いますけど、「外人なので勘弁してください」w
では、また。


先輩からの赤字


(先輩のアドバイスですが、どうしたらいいかわかりません… どうしたらいいんだー…汗)

赤ペン添削:デザイナー木村


← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.