2013年 あけましておめでとうございます

2013/01/09  Category: news,staff

新年、あけましておめでとうございます! 2013年もカニカピラをどうぞよろしくお願いいたします。

 
2010年から毎年恒例(?)となった、年初めのスタッフ集合写真。本年は、同じ目標に向かって突き進むチームの連帯感を、家族写真(昭和風)で表現。2013年のカニカピラの意気込みを、GIFアニメ年賀状と共にご覧いただけたら幸いです。

 

詳細を表示する

-前列左から
(爺) 代表取締役・アートディレクター / 姉川 たく
(母) ディレクター / いのうえ おさむ
(父) デザイナー・HTMLコーダー / 北原 潤一
-後列左から
(三女) デザイナー / 坂下 志帆
(次女) デザイナー / 園部 道子
(長女) プロモーション・マネジメント / 若林

 

 

 

今回の集合写真は、デザイナーの坂下のプロデュースによるもの。各々のキャラクター設定から、昭和なアイテムのスタイリングやポージングに至るまで、そのセンスを大いに発揮してくれました。

 
 

以下に 写真館での撮影のひとコマを・・

▼ いのうえのハマり役、お母さん。写真館のご主人や奥さんからも大絶賛でした。

▼ カメラを向けられて、動画と気づかずにしばし固まっているおじいちゃん(姉川)にご注目ください。

 
 

 

 

カニカピラでは、2013年もWebやスマートフォンを中心としたサイトやアプリの企画・デザイン・制作の他、

オリジナルコンテンツの制作にも取り組みながら、新しい可能性に挑戦していきます。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


あけましておめでとうございます

2012/01/05  Category: news,staff

新年あけましておめでとうございます!2012年もカニカピラをどうぞよろしくお願いいたします。

 
1月4日はカニカピラの2012年の仕事初め。ということで、日頃お世話になっている皆様に新年のご挨拶をと、社員総出で写真撮影へ行って参りました!今回はその模様をレポートとしてお届けします。

 

詳細を表示する

2011年暮れ、我々カニカピラ一同は新年の写真撮影に向けテーマを絞ることに。2012年は辰年ということで、昇り龍にあやかり、なおかつカニカピラらしい楽しくて元気な写真がよいということで 「スーパーサイヤ人」 に決定!7名の全メンバーが揃えば、ドラゴンボールで神龍(シェンロン)を呼び起こせるくらいのパワーを・・という意気込みが込められたテーマです。

 
 

お手製の衣装持参で、秋葉原の写真館へ。胸のマークは「亀」ではなく「蟹」です。

 

ついにカニカピラの長「亀仙人」ならぬ「蟹仙人」の登場!

(蟹ですが)得意の空中浮遊を披露してくださいました。

 

ここからはKANIKAPILAスーパーサイヤ陣のオフショットをお楽しみください。

スーパーサイヤヘヤーと凛々しい眉の色は、ひそかの各々の名刺のカラーと合わせていたり・・

 

可愛らしいシェンロンやドラゴンボールも、この日のために探し回って買い揃えました。

 


お店の方がとても親切で、勝手に撮影会をはじめてしまった我々をやさしく見守っていただき・・謝謝です。

 

気合いを入れて撮影した写真たちは蟹仙人の千里眼によって選定されております・・


 

こちらは蟹族最強の勇者の有り難い一枚です!

 

すっかり秋葉原の空気に酔いしれた我々は、メイド喫茶を堪能して中目黒へと帰って参りました・・

 

ちなみにこちらは、蟹仙人がメイドさんにネコと龍のコラボレーションという渋いお絵かきをチョイスしたオムライス。

 

・・こうして2012年のgifアニメ年賀状が無事撮影されました。最後は、気合いが入りまくりのスペシャルショットです。

カニカピラでは、2012年も全員が一丸となって、至って真剣に面白いものづくりに取り組んでいきます!

皆さま、本年もよろしくお願いいたします!!

 


@kani_design on twitter

2011/12/05  Category: news,staff

カニカピラ ブログの投稿内容をカニカピラの公式twitterアカウント@kani_designと連携致しました。
 
カニカピラのブログ更新情報をいち早くお届けします。
是非フォローしてみてください。

 

 


カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.