眠れる森の美女|Chacott×YOKO FURUSHO

2016/03/06  Category: works,web,design,motion

バレエ・ダンス用品メーカー 「 チャコット 」 のオリジナルグッズで、NYを拠点に活躍されているイラストレーターのふるしょうようこさんが描く 『 眠れる森の美女 』 シリーズのLPを制作しました。パララックス効果とPNGアニメーションを使用し、オーロラ姫とデジレ王子他、個性的なキャラクターが織りなすファンタジーの世界観を表現しています。

 

 


 


Little Witch もてますカラCM その2

2012/12/26  Category: works,motion,anekawa,embroidery

刺繍とCM全体のクリエイティブディレクションを姉川が担当した、コスメブランド “Little Witch” の 「もてますカラ」 。その後、CM効果で売上が2倍になったという嬉しい報告も入ってきました。今回の記事では、エイジングケアができる効用と、大人の女性の洗練されたカワイイ世界観、その両方を伝えるためのプロセスについてご紹介します。

 

詳細を表示する

「もてますカラ」 は毛髪の専門家が研究開発した、「マスカラでエイジングケア」できる“ まつ毛美容液いらず ”の最先端マスカラです。メインのターゲット層はデイリーにマスカラを使用する必要がある、25歳~30歳位の働く女性たちです。仕事にプライベートに日々忙しく、お洒落やメイクにも余念がない、そんな大人の女性が抵抗なく、素直にカワイイと思える表現を求めて、たどり着いたのが「刺繍」でした。Little Witchのブランディングからアートディレクションを手がけている DONGURI さんからの依頼で、公式サイトや店頭什器などのキービジュアルに使用する刺繍のロゴタイプを制作したことをきっかけに、Little Witchブランドの独自性のある表現として、刺繍のビジュアルを使った世界観が確立していきました。

 

≪ リトルウィッチ 「もてますカラ」 登場篇 CM (15秒) ≫ -女の子は “カワイイ” の研究者-
日夜おしゃれの研究に余念のない女の子が、新しいマスカラを研究しているシーンから始まります。浮遊している試験管から小さなの宝石(天然エンドミネラル)が化学反応し、キラキラ飛び出します。ついにエイジングケアができるマスカラを発見!
さっそく試してみると、まつ毛のハリ・コシがアップ。より一層かわいくなった女の子の元に、タキシードに身を包んでバラを差しだすピエールが求愛、花や動物たちも集まって来て、モテモテになるクライマックスシーンでしめくくります。

 

今回の15秒CMの一番の課題は、世界観と効用の説明を両立させることでした。「もてますカラ」を使い続けると、まつ毛にハリ・コシがでる、エイジングケアができるといった、商品としての機能をしっかり伝えること。ただし、CGでまつ毛をぐーんと伸ばすようなわざとらしい表現では、Little Witch がこれまでに訴求してきたメディカル感・清潔感・知的なブランドイメージに合わず、世界観も損なってしまいます。そこで、世界観を損なわず、ナチュラルに自然に伝えるために、エイジングケアの効用についても、刺繍を使った演出を取り入れています。

 
▼エイジングケアの演出に使用した刺繍モチーフ
「マスカラでエイジングケア」の最初のカットから刺繍を少し入れていくことで、全篇を通して刺繍のビジュアル遊びがあることを予感させる演出に。また、マスカラのブラシをフォローするようにキラキラした糸のステッチが流れ、糸が縫われながらまつ毛のハリ・コシを表現してるカットは、世界観と機能の両立にこだわって、最後の最後まで調整したポイントです。

▼ラストのクライマックスシーンに登場する刺繍モチーフ
タキシードのピエールや動物だけでなく、花や試験管までも擬人化され、女の子の可愛さに集まってくる、生きとし生けるものすべてにモテモテになっているイメージです。ピエールが一番ノリして、がんばってプロポーズしている箇所は残念ながら現在はカットされていますが、関西地区での先行オンエアVerでぜひチェックしてみてください。

 

絵コンテを元に、撮影前に何度もラフ映像を作り変えてテストを行っています。ラフ映像を見ながら制作スタッフやクライアントと打ち合せを重ね、納得のいくまで表現の工夫や調整を行い、完成度を高めていきました。映像や音の各分野においても豪華なメンバーが集まり、1つの作品をつくり上げています。
 

カメラマンは、資生堂やコーセーなどのCMも手がけている半沢健さん。フォトグラファーとしてファッション、広告、CDジャケット、風景写真にとどまらず、CMやミュージックPVの撮影や演出など、広いフィールドで活動をされています。今回はデジタルでは出にくい透明感のある、透き通った微細なトーンを表現するため、あえてフィルムで撮影を行っています。

 

CM全体のサウンドデザインは数々のCM音楽を手がけ、TV番組や映画・ゲームの音楽の他、アーティストのプロデュース・楽曲提供・アレンジなども手がける音楽制作プロダクション、マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ代表の山口優さん、CMソングの作曲は宮川弾さんです。カワイイ世界観の中にもひっかかりを求め、耳に残る・覚えてもらえる、おしゃれでかつ個性的な楽曲のオーダーを見事に再現してくれました。

 

歌はユニバーサルミュージックに所属しているシンガーソングライターのQoo Bee Littleさん。単にかわいいだけでなく、特徴的で気になる声がCMソングのイメージにぴったりで、満場一致でQoo Bee Littleさんに決まりました。
ナレーションはアニメや吹き替えなどでも活躍されている、81プロデュース所属の寺田はるひさん。声のトーンやテンションなど、細かな要求に応じて、バリエーション豊かでプロフェショナルな声をいただきました。

 

撮影や映像に関する全体のプロデュースは、制作プロダクションのタングラムさん+Triple Additionalさん。映像の質感や空気感から、試験管や天然エンドミネラルをイメージしたダイヤのような宝石のCG、刺繍のアニメーションに至るまで、技術やクオリティの高さ、ビジュアルセンスは抜群です。

 

最後に、Little Witch 全体のアートディレクションをしているDONGURI さんは、今回のCMでも世界観の設計から細部のデザインまで手がけています。研究室をイメージした撮影セットも手作りされていたりと、ディティールをとても大切にされる細やかさは、Little Witchのブランディングはもちろん、クライアントの思いをクリエイティブの隅々まで行き渡らせています。

 

Little Witch のfacebookファンページにて、撮影時のメイキングムービーもアップされています。こちらもどうぞご覧ください。

 

 


Little Witch もてますカラCM

2012/11/13  Category: works,motion,anekawa,embroidery

Little Witch” の第一弾となるTVCM、マスカラでエンジングケアができる 「 もてますカラ 」 。 Little Witchのブランドイメージである大人の女性の洗練された可愛さと、姉川の刺繍の世界観がマッチした本作は、映像や音の各分野のスペシャリストが集まり、豪華なチームで制作されました。カニカピラは、クリエイティブディレクションと監督、刺繍の制作を担当しています。関西では2012年10月から、東京では11月10日からTBSやテレビ朝日でオンエアされていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

詳細を表示する

「もてますカラ」 は、使い続けるとまつ毛にハリ・コシがでる、エイジングケアができるマスカラです。現在放映中の15秒CMでは、そうした商品の効用を刺繍を使って表現することで、ナチュラルで独自性あるビジュアルに仕上げました。数々の刺繍モチーフとアニメーション演出、大人の女性の洗練されたカワイイ世界観をご覧ください。

 

Client : 株式会社フローフシ
Agency : DONGURI
Creative Direction : KANIKAPILA DESIGN Inc.
Production : TANGRAM / TripleAdditional
Art Direction : ミナベ トモミ、田村 優 (DONGURI)
Direction : 姉川 たく (KANIKAPILA DESIGN Inc.)
Creative Produce : 永倉 政信 (TANGRAM)
Produce : 高久 健太郎 (TripleAdditional)
Product Manager : 出口 絵梨 (TripleAdditional)
Model : 中野 唯花 (LDH)
Camera : 半沢 健
Light : 鈴木 康之
Hairmake : 室岡 洋希 (スリーピース)
Stylist : 後藤 仁子
Visual Direction : 鴫原 大輔 (TANGRAM)
Visual Design : 田島 太雄 (TANGRAM)
Edit : 田中 一成
Music Production : Manual of Errors Artists
Sound Design : 山口 優 (Manual of Errors Artists)
Composition : 宮川 弾 (Manual of Errors Artists)
Song : Qoo Bee Little
MA : 高橋 慎一 (NTT MEDIA LABO)
NA : 寺田 はるひ (81produce) / 出口 絵梨 (TripleAdditional)
Design : 五味 利浩、橋 杏朱 (DONGURI)
Embroidery : 姉川 たく (KANIKAPILA DESIGN Inc.)

 

 

次回のブログにて、CMのストーリー設定や演出の他、撮影や音にまつわることなど、随所にこだわった要素について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 


なぞのやさい星人あらわる

2011/11/15  Category: works,entertainment,motion,recommend

― 懐かしい作品のご紹介 ―
フジTV 「ポンキッキーズ」 の挿入歌で、童謡作家かねこひろゆきさんの楽曲としても知られている 『なぞのやさい星人あらわる』のキャラクターデザイン、アニメーション・映像のアートディレクションを姉川が手がけています。

 

詳細を表示する

やさい星人は、1999年『なぞのやさい星人あらわる』の歌から誕生したキャラクターです。ナゾのウチュウ船にのってチキュウにあらわれ、目的や行動もナゾばかり。渋谷や原宿など、都内を中心にあらゆる場所に神出鬼没に現れました。

 

やさい星人たちは、とても好奇心旺盛な性格です。それぞれの個性豊かなキャラクターを以下にご紹介します。
 

 

*ナス星人  変わり者でイタズラ好き。趣味は時代劇鑑賞(ヅラの研究を兼ねて)、特技は道案内。
 『えっとね、ぼくが調査したところによると、チキュウにはちょんまげっていうイカしたヘヤースタイルがあるだナスな。ぼくもあんな髪型にしたいだナス。それとね、チキュウにはボケナスっていう言葉もあるだナス?やめてほしいだナス。ちょっと無礼な感じだナス。』
 

*ダイコン星人  素朴、誰とでも仲良くするタイプ。趣味はひなたぼっこ、特技は座禅。
 『おいらって結構古風。友達は大切にするしひとの意見も聞くしね。チキュウにも友達できるといいけど…でも、チキュウってどんな星なのか、ちゃんと調査してからじゃないとね。すごく平和でみんな優しい人だったらいいんだけどな…』
 

*タマネギ星人  泣き虫。趣味はちょといい話をすること、特技は泣きべそダンス。
 『愛にあふれた星を探しているのです。チキュウはなんだか、とてもラブな感じがするのです。ラブな星を見つけれたら、ぼくの涙もとまるかもしれないのです。でも、見つけたら嬉しくてもっともっと泣いちゃうかもしれないのです。ううっ。』
 

*ネギ星人  わんぱく。趣味は得点すること、特技はソバット。
 『チキュウにはもうすぐミラクルなことが怒るネギ。でも、どんなことかは知らないネギ。それを、ぼくが調査するのだネギ。でも、ほんとはあんまり興味ないネギ。ぼくはわりと遊び感覚でいるネギ。でも、これは内緒ネギ。』
 

*ニンジン星人  気取り屋、プライドが高い。趣味はなでなで、特技は説教。
 『チキュウでは自然の生き物たちがあんまり大切にされていないのではないでしょーかニン。わたくしの調査によりまするとそういう解答が出ておりますニン。ウチューは一つ、ウチュージンみな兄弟、でありますニン。ちょっとチキュウジンにお説教したい気分でありますニン。』
 

*モロコシ星人  天然ボケ&マイペース。趣味はこっそり人に忍び寄る事、特技は雄叫び。
 『チキュウってどんな星モロか?メチャ興味あるモロよ。外から見るととっても綺麗な星モロね。でも、そんな事より、最近日焼けが気になるモロ。ウチューではガングロはもう時代遅れモロからね…気を付けないと、モロロロロ。』
 

 


▲CD(シングル)ジャケットのデザイン
 

▲UFOキャッチャーの景品になったぬいぐるみ

 

 

カニカピラでは、同じく野菜をキャラクターにした、ユーモアたっぷりのゆるいテイストが際立ったアニメーション 「くりくり倶楽部」 (メッセージを歌詞として入力すると動画がうたい出す、携帯用動画クリップ作成サービス)の映像も手がけていますので、こちらもご覧になってみてください。

 


NHKみんなのうた「紅芋娘」

2011/09/15  Category: works,entertainment,motion,recommend

― 懐かしい作品のご紹介 ―
沖縄出身の女性デュオ・Kiroroが歌う、NHKみんなのうた「紅芋娘」 (初回放送2005年)のキャラクターデザイン、アニメーション・映像のアートディレクション全般を姉川が手がけています。

 

詳細を表示する

「紅芋娘」は、Kiroroの出身地である沖縄県・読谷村の特産物・紅芋に託して、娘心を歯切れよくユーモラスに歌った曲です。紅芋以外にも読谷村の風物や沖縄の方言が盛り込まれているユニークなこの歌に、姉川はKiroroの穏やかで優しいイメージとはひと味違った映像をつけました。にぎやかなキャラクターやアニメーション、踊る大人と子供の姿が、どこか奇抜で不思議な世界観を醸し出しています。

 

Kiroroが奏でる心地よいメロディーと、ちょっぴりハジけた映像の「紅芋娘」を見ると、楽しくて自然と元気が出てきます。
まだご覧になったことがない方は、NHKみんなのうたのサイトから再放送曲のリクエストが出来ますので、ぜひお試しください。

 

 


カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.