WALL ART SCENE|扉のむこう側 inラフォーレ原宿

2012/05/10  Category: anekawa,embroidery

2012/6/1(金) LAFORET PRIVATE PARTY にて開催された、ミシンバンドのライブパフォーマンスの動画をアップしました。
ミシンと姉川たくと、シンセと高橋琢哉がつくる不思議な音の世界。初ライブの模様をぜひご覧ください。
 

 

詳細を表示する

 

姉川たく 『cockadoodlebuzzhootmew 』 (クッカドゥードゥルバズフートミャウ) 展は、2012年6月5日(火)より、H.P.DECO 好奇心の小部屋(ルミネ横浜店)に巡回します。ご好評にお応えして、週末には再びミシンバンドのパフォーマンも行う予定です。
詳細は追ってブログにてお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

H.P.FRANCEが運営するセレクトショップ、Lamp harajukuのディレクター米山えつ子さんプロデュースの扉の向こう側、期間限定コンセプトショップが、2012年5月18日(金)から6月3日(日)まで、ラフォーレ原宿1Fにあるインタラクティブスペース「container-コンテナ-」にて展開されます。姉川はコンテナショップにて新作「つっこみまちWAPPEN」の販売と連動し 「WALL ART SCENE」での展示も同時開催します。

 

2012年2月に開催されたH.P.FRANCE主催の「rooms24 -扉の向こう側- 」ブースでのエントランス展示は盛況のうちに終了しましたが、今回は「扉の向こう側」に過去出展したデザイナーやアーティストたちの商品が、ラフォーレ原宿1Fのコンテナショップに並びます。姉川もこのスペシャルな企画に参加、ネコなのに「bowwow(ワンワン)」、nikeじゃなくて「mike(ミケ)」、pumaじゃなくて「kuma(クーマ)」など、かわいいボケをかましている「つっこみまちWAPPEN」を販売します。

 

姉川が制作しているワッペンの過程をこっそりご紹介。下絵のイラストを元にデザインし、刺しゅう用データにおこしてからミシンで縫っていきます。今回は動物モチーフをメインに、ちょっと笑えるアイテムを開発中です。簡単に好きな場所につけられるよう、裏にピンをつけたりと、ディテールにもこだわっています。これまでの刺しゅうワッペンとはひと味違った世界観にご注目ください。
 

 

また、同じくラフォーレ原宿1Fにある、H.P.FRANCEが運営するセレクトショップ「WALL」の、幅8.5mの白い大きな壁一面を使ったアートスペース “WALL ART SCENE”にて作品の展示を行います。ラフォーレ原宿を訪れる多くの人たちに、アートを身近に楽しんでもらえるよう、これまでにつくり続けてきたアートピースとしてのワッペンを中心に、姉川の刺繍作品がWALLの壁を飾ります。WALL ART SCENEの隣にコンテナショップがありますので、会期中お近くにお越しの際は、ぜひのぞいてみてください。

 

 

- WALL ART SCENE 展示 『 cockadoodlebuzzhootmew 』 (クッカドゥードゥルバズフートミャウ)
- 扉のむこう側 in ラフォーレ原宿 「つっこみまちWAPPEN」 販売
●会期:2012年5月18日(金) -2012年6月3日(日) / 11:00 – 20:00
●会場:ラフォーレ原宿1F WALL ART SCENE |container-コンテナ-
 address. 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6
 tel. 03-3797-1507 (WALL ART SCENE/hpgrp GALLERY TOKYO)
     03-5411-1230 (扉のむこう側/Lamp harajuku)

 

 

▼ WALL ART SCENE 展示作品の一部
 今回の展示作品は計30点。2008年のNANZUKA個展作品から、2012年の最新作まで一挙大公開いたします。

 

▼H.P.F, THE PAPER No.144 P.8 (最後のページ)
 H.P.FRANCE発行の新聞(各ショップで配布しているフリーペーパー)の最新号、姉川の展示についての紹介記事。

 

≪緊急告知≫ 姉川、ミシンバンドを結成!!
これまでにミシンギターのパフォーマンスを行っている姉川ですが、2012/6/1(金)の20:30~22:30に開催されるLAFORET PRIVATE PARTYにて、ミシンバンドとして初LIVEを行います。招待制のイベントになりますが、インビテーションをお持ちの方は、姉川のライブパフォーマンスをぜひご覧ください。詳細は追ってブログにてご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

 


← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.