密買東京 刺繍ワッペン

2011/10/18  Category: anekawa,embroidery


ここでしか買えないモノ、入手方法が良くわからないモノなどお気に入りのモノを、密かに発見する楽しみを提供するオンラインショップ「密買東京」にて、姉川の作品シリーズ第3弾となるワッペンの販売を開始しました。今回は全5種類、1点1点ハンドメイドで作られた、密買東京でしか買えない超豪華版ワッペンをご紹介します。

 

詳細を表示する

姉川の刺繍ワッペンのプロジェクトは、現在じわじわと拡張しており、「GALLERY SPEAK FOR」や「kids story department good evening」でも展開していますが、今回の密買東京のワッペンは作品としての個性が際立ったアートピースに仕上がっています。モチーフは、密買東京で姉川作品・第2弾として発表した刺繍スニーカーと同じ、2011年ベルギーのトゥルネーにて開催のテキスタイルのアートトリエンナーレ(International triennial of Contemporary Textile Arts of Tournai)に出品した「story book」です。
 
姉川のつくり出す物語から飛び出した欠片たち。彼らが織りなす新たな物語は、密買東京のWebサイトにてバイヤーのチバさんが紹介してくれていますので、そちらも合わせてぜひご覧ください。

 
 


 ▲ 「凹HOME」 いたるところにビーズが散りばめられています。吊るしてモビールとしても楽しめる作品です。

 
 
 


 ▲ 「DMZ●●●●●」 気持ち小ぶりサイズ。ワッペンはもちろん、エッジの効いたキーホルダーとしてもおすすめです。

 
 
 


 ▲ 「山Queen」 存在感満点な作品。目を合わせると、魔よけや家内安全をもたらしてくれそうなパワーを感じます。

 
 
 


 ▲ 「▲Life」 にょきっと出た足が今にも動きだしそうな、愛すべきキャラクター。ぜひ外の世界へ連れ出してあげてください。

 
 
 


 ▲ 「“▲●■」 ビビットな色とモチーフが目に飛び込んでくる作品。シンプルな服やカバンにつけるとパンチ力がUPします。

 

 

日本に限らず海外のギャラリーなどで展示されることも多い姉川の作品ですが、刺繍ワッペンは限られた空間や境界線を飛び超えた「世界最小単位・最小単価のアートピース」として、もっと日常の中でアートを身近に感じてもらえるよう発信していきます。ぜひ今後もご注目ください。

 


← Back To Toppage

カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.