シェアオフィスの魅力と苦悩。ほんわかコミュニティは維持できるのか?

2017/06/29  Category: column


カニカピラでは事業の一環としてシェアオフィス「Labo」を運営しております。今回はそんな「Labo」について、入居者の声を聞くべく面談を設定。カニカピラの代表である姉川たくが、ご利用者3名から正直なご感想をいただきました。そこから垣間見れるシェアオフィスの魅力や、仲間との絆、楽しそうな雰囲気などを感じ取っていただければと思います。



デザイナーA:本日、面談を担当しますデザイナーAです。Labo入居メンバーの作家Bさん、プランナーCさんにも同席してもらいました。みなさん、よろしくお願いいたします。


作家B、プランナーC、姉川:よろしくお願いします。

デザイナーA:では始めに、自己紹介をお願いします。

姉川:はい、姉川たくと申します。


私は株式会社カニカピラの代表を務めながら、刺繍アーティストとして活動しております。また、カニカピラでは、中目黒で「Labo」というシェアオフィスの運営管理も行っています。

ここにはグラフィック・広告・映像・編集など、様々な分野で活躍する会社やフリーランスのクリエイターが集っていて、日々新しいコミュニケーションやクリエイションが生まれています。今日は、そんなシェアオフィス「Labo」をもっとたくさんの方々に知っていただきたいと考えています。よろしくお願いします。

デザイナーA:シェアオフィスの運営管理もされているんですね。


なぜ、シェアオフィスの運営をしようと思ったのですか?

姉川:元々、大学の同級生数人とシェアオフィスをはじめたんです。そのあと、みんなそれぞれの道に進む事になって・・・当時は2人くらいのチームでしたが、大きなスペースで気持ちよく仕事したいし、どうしようかなと思っていた時にちょうどこの場所を紹介してもらったのがきっかけです。



プランナーC:なるほど。

シェアオフィスの魅力って何ですか?

姉川:魅力は、この時間では語りきれないほどたくさんあります!例えば、

・風通しがよく、思考が偏りすぎなくていい
・トレンドが自然と情報として入ってきやすい
・制作物に刺激を受けられる 
などでしょうか。

プランナーC:それだけですか?語りきれない程あるという割には少ない気がしますが・・他にもまだあれば教えてください。

姉川:もちろんまだまだあります。


・仕事の相談がしやすくスムーズ
・それぞれの仕事の仕方を互いに学べる 
などでしょうか。

プランナーC:以上ですか? 魅力はそれで全部という事でよろしいですか? 個人的にとても少ない気がまだしていますが。

姉川:いえ、まだまだありますが…。今パッと思いついたのが、先程いくつか挙げた事ということでお願いします。

プランナーC:それでも少ないと思いますけどね…。

シェアオフィスを運営していて大変な事はありますか?

姉川:はい、魅力の方が圧倒的に多いですが、運営管理する側の苦労も少なからずあります。共有スペースを汚したままにしたり、ミーティングスペースでずっと寝ている人がいたり、電気を付けっぱなしにしていたり…。少なからず問題はありますね。

作家B:文句ですか?私たちに対する不満をいい機会だから、ここぞとばかりにと言ってますよね?

姉川:いいえ、そういうつもりで言ったわけではありません。

プランナーC:なんか、魅力より多くないですか?毎日、私たちに対して不満があるってことですよね?

姉川:誤解しないでください。大変な事という質問でしたので・・・

作家B:こちらのせいだと?その言い方だと、我々に無理やり言わされたとも捉えられますが。


姉川:いえ、すみません。

プランナーC:嫌味にしか聞こえませんけどね…

デザイナーA:質問を変えましょう。最近、家賃の値上げが急におこなわれましたが、そちらについて詳しく説明してもらえますか?

プランナーC:そうですね、それについては私もまだ納得出来ていません。

姉川:はい、みなさんにはご迷惑をおかけしますが、理由はいくつかあります。

・大家さんから家賃の値上げ依頼があり値上げになった

・各設備の維持費や、管理手数料の見直し

・共益費の導入 です。少し大きめの値上げになってしまい大変申し訳ありません。

デザイナーA:それにしても急な話ですよね、共益費などは普通初めに決めておくべき事のように思いますが。

姉川:おっしゃる通りです。当初は家賃の事は何も考えておらず、ほんわかコミュニティが維持できればいいくらいにしか考えていませんでしたので…。完全にこちらの責任です、申し訳ありません。


プランナーC:謝って済めば警察はいりませんけどね。

作家B:ほんと今更な気がします。14年以上も経ってから値上げなんてどうかしてますよ。狂ってるとしか思えません。

姉川:その通りです、お返しする言葉も見つかりません。ただ、未だに破格を維持していますので、ご理解いただけるとありがたいです。

プランナーC:私は納得できません、値上げまでされて…そこまでされて私達にここに居るメリットはあるんですか?あれば教えていただきたいものです。

作家B:ないですよ、きっと。メリットなんてあるわけないですよ。

姉川:メリットは、私の口から言うより今まで一緒に楽しくやってきた皆さん達のほうが肌で感じてると思いますよ。だから、値上げをしてもここに居てくださるんですよね。そういう事ですよ、きっと。

デザイナーA:メリットは言えないという事でいいですか?いいように言ってますが、はっきりとメリットは言えないという事ですよね。

プランナーC:そうですね、きっとないんでしょう。メリットが。他のオフィスでも探そうかな…

作家B:期待して損しました。この少しでもあなたに期待してしまった時間を返してください。

姉川:そんな事言わないでください。今まで通り楽しく働きましょうよ。

デザイナーA:…これ以上は時間の無駄なようですね。

最後になにか言いたいことや、質問などはありますか?

姉川:はい。

Wantedlyをご覧の皆さん、こんにちは。姉川たくです。


いかがでしたか?ある日突然、Wantedlyに載せるから記事を書いてくれと言われました。完全にノーマークだった為、まずは私たちが普段働いているオフィスについて触れてみました。

ちょうどシェアオフィスを運営していたので、宣伝も出来るし、ちょうどいっかと思いこの話にしてみました。シェアオフィスの魅力や、運営側の苦悩など少しでも伝わりましたか?本当はまだまだありますが、それは追々という事で…。

この記事を読んだだけだと、怖い人だらけで働きづらそうと感じてしまう人も、2~18人くらいは居ると思います。でも、心配しないでください!!

怖い人は、1人しか居ません!
もう一度言います、怖いのは1人だけです!安心して働けます!
そんなこんなで毎日楽しく働いていますので、この記事を読んで興味を持ってくださった方、もしくは読んだけど興味がない方、読んでない方も皆さんウェルカムです。一緒に働いてみたい、もっと話を聞いてみたいなどありましたら、その辺にある緑の公衆電話からお気軽にご連絡ください!

本日はお足元の悪い中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

姉川たくでした。



カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.