シークレットガールズ シーズン2

2012/08/16  Category: works,web,entertainment


2011年より、フジテレビの無料動画サイト 「見参楽(みさんが!)」 での配信や、小学館『ちゃお』の付録DVD「ちゃおちゃおTV!」で展開されていた 『シークレットガールズ』。実際のアイドルとしてCDデビューを果たすなど、人気を博したドラマの待望の続編となる 『 シークレットガールズ シーズン2 』 の公式サイトを制作しました。

 

詳細を表示する

アイドリング!!!メンバーの伊藤祐奈さん、橋本楓さん、朝日奈央さんが主演するドラマ 『シークレットガールズ』 は、彗星のごとく現れた5人組スーパーアイドル “ シークレットガールズ ” が、ごく普通の中学生活やプライベートを秘密にして、中学生とアイドルの二つの顔を使い分けながら、恋や夢に向きあうストーリー。今作のシーズン2では、普通の女の子と同じように悩みながら、成長していく彼女たちの前に、ライバルとなる “ 3ign(サイン) ” が登場し、試練に立ち向かうストーリー展開が見どころです。

 

前作の 『シークレットガールズ』 では1ページだった番組サイトも、ストーリームービーやPVの配信、ドラマ内で登場する様々なアイテムのグッズ展開など、ドラマの世界から飛び出して実際にCDデビューを果たした彼女たちの活躍に合わせて、複数ページのサイトにリニューアル。前作から一新したシークレットガールズたちの80年代風のポップなファッションをヒントに、シャーベットカラーのカラフルな色使いと、80年代をイメージした三角や四角を切り抜いたグラフィカルなアイコンで、夢を追いかけて成長していく女の子たちにぴったりな、元気でさわやかなデザインに仕上げています。

 

 

サイト内のゲームコンテンツには、1日5回ずつ回せるガシャポンから、ドラマに出てくる “ スクモバ ” や “ カチューシャウィッグ ” などのアイテムを集めて、シークレットガールズたちの支度部屋を飾っていくゲーム 「シークレットガシャポン」 が登場。 ドラマに出てくる支度部屋の雰囲気に合わせて描いたイラストで、ゲーム中もシークレットガールズの世界観が楽しめます。 アイテムを揃えるとオリジナル壁紙がもらえたり、カードコレクションに挑戦してさらにアイテムを集めると賞品の応募もできますので、毎日シークレットガシャポンに挑戦してみてください。

 

 

 

『 シークレットガールズ シーズン2 』 は全8話。「見参楽(みさんが!)」 では2012年7月~2013年4月まで、毎月23日に1話ずつ(7月のみ2話分)配信されます。ドラマの視聴方法や更新情報など、詳しくは公式サイトをご覧ください。

 


もやしもん リターンズ

2012/08/06  Category: works,web,entertainment


講談社「イブニング」にて連載中の人気コミック 『もやしもん』 。フジテレビの深夜アニメ枠 “ノイタミナ” (毎週木曜24:45~放送)にて、2012年7月から再びTVアニメ化されている 『もやしもん リターンズ』 の番組公式サイトのデザイン、Flash、コーディングを手がけています。

 

詳細を表示する

“オリゼー” をはじめとする可愛い菌がサイト上のあちこちに登場するにぎやかなデザインと、フラスコから菌たちがふわふわと漂って浮遊するアニメーションで 『もやしもん』 の楽しい世界観が再現されたサイトです。下層ページは、グローバルナビ部分は常に表示させつつ、スクロールしても動きのあるJavaScriptを使うことで、ページ遷移の見やすいサイトに仕上げています。
TOPページではクリックするとイベントが発生する隠し要素を3つ入れていますので、どこにあるか探してみてください。

 

簡単に作れる発酵食品の作り方を教えてくれる“かもたべ”や、キャストのスペシャルコメントやPC壁紙などがダウンロードできるスペシャルページも随時更新しています。その他にも、フジテレビではYahoo!モバゲーでかわいい菌を集めてかも(醸)すゲーム“ ネットでガチャガチャ もやしもん ” でアニメと連動したイベントを開催していますので、こちらもチェックしてみてください。

 
(c)石川雅之・講談社/「もやしもん リターンズ」製作委員会

 

 


カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.