rooms24 -扉の向こう側-

2012/02/17  Category: anekawa,embroidery

2012年2月に科学技術館にて開催された、H.P.FRANCE主催の「rooms24」 “ 扉の向こう側 ” のエントランス展示の模様をいくつかアップしました。会期中、姉川は皆さまからのリクエストに応えて、ミシンギターのパフォーマンスも行いました。

 

姉川の“扉の向こう側”の活動第二弾、2012年5月18日(金)から6月3日(日)まで、ラフォーレ原宿1Fにあるインタラクティブスペース「container-コンテナ-」にて、新作ワッペンの販売を行います。この期間限定ショップと連動して、「WALL ART SCENE」での展示も同時開催します。こちらも追ってブログでご紹します。

 

詳細を表示する

 

 

 

 

2012年2月21日(火)-23日(木)の3日間、科学技術館にて開催されるH.P.FRANCE主催のファッションとデザインの国際合同展示会「rooms24」 “ 扉の向こう側 ” ブースのエントランスにて、姉川が展示を行います。

 

「rooms(ルームス)」は国内外の約400ブランドが出展するファッションとデザインの国際合同展示会です。出展者は創造性と独自性を基準に選ばれ、商品はレディース・メンズウェア、アクセサリー、服飾雑貨、キッズ、プロダクト、アートと多岐にわたります。会場では、アートエキシビジョンやファッションショーなどの企画も充実し、単なるビジネスの場所の提供だけではなく、クリエイティブな情報の発信を続けています。
24回目となる今回の「rooms24」は、“冒険-BOUKEN”をテーマに、新会場となる科学技術館にて開催。会場内にはトランスフォーマーの巨大フィギュア(約2m)の設置や、初日の夜にはアートユニット明和電機による本格的なライブも行われます。

 

 

「 rooms24 」 
●会期 2012年2月21日(火)-23日(木)10:00~18:00
●会場 科学技術館 (東京都千代田区北の丸公園2-1)
●主 催 アッシュ・ペー・フランス株式会社
●公式サイト www.roomsroom.com/
●来場 招待状をお持ちの方のみ

 

姉川が展示を行う “ 扉の向こう側 ” は、Lamp harajukuのディレクター米山えつ子さんがプロデュースする、ファッション・アート・デザインがそれぞれの枠にとどまらず、生活に自然と流れ込んでいくような空間を表現したブースです。

 

Taku Anekawa
アーティスト(ギャラリーNANZUKA所属)、アートディレクター(KANIKAPILA DESIGN Inc.代表)
糸を用いた独特の手法で作品制作を行う。2011年ベルギーのテキスタイルトリエンナーレに出展。
http://nug.jp/artist/2010/03/taku_anekawa.html

 

姉川は国内に限らず海外でも展示活動を展開していますが、限られた空間や境界線を飛び超えたアートピースとして、もっと日常の中でアートを身近に感じてもらえるよう、ここ最近では刺繍ワッペンをはじめ、Tシャツやスニーカーなど、様々なアイテムを発信しています。

 

 

展示に向けて、姉川が以下のコメントを寄せています。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

 ワッペンは世界最小のアートピース。
 として、こっそり人知れずワッペンを作ってきました。
 roomsはファッションの展示会ですから、バイヤーさんも沢山いらしゃいます。
 ぼくが作るワッペンはファッションか?と問われれば、甚だ疑問ですが、アートか?と問われても、やっぱり疑問です。

 

 そして、そういう限りなく境界線上の作品を作ってしまっている以上、発表する場が難しい…。
 米山さんから、扉の向こう側の入り口を飾ってほしいと言われた時に、このワッペン達に日の目を見せてあげたいと考えました。
 もちろん、小さなワッペンなので、大きな空間の入り口をそれだけで飾るのは無理です。
 でも、展示の考え方の中心にはワッペンを置きました。
 他にも、糸でグルグル巻きのスカルプチャー、BOOKシリーズ、ミシンを使ったライブ刺繍。
 こういった要素が展示される予定です。

 

 ミシンをギターのように肩にかけた怪しい人がいれば、それがぼくです。

 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

姉川の数々の作品が一堂に会し、人々をファッション・アート・デザインの枠にとどまらない “ 扉の向こう側 ” の空間へといざなうエントランスとなります。ご来場予定の方は、ぜひお立ち寄りください。

 

 


カニカピラが大切にする クリエイティブ3工程

ヒアリングした想いや要望を整理します。
市場のデザイン調査などもふまえて、整理の過程での発見を共有し、クリエイティブの土台をつくります。

共通認識をベースに、最適な表現を考えます。
ユーザーの共感と関心を得るために絞り込んだコンセプトにそった形で、独自性あるクリエイティブ表現を行います。

ユーザーの感情や気持ちにどういった方法で響かせるのかを計画し、演出します。
つくったものを、作り手の気持ちごと伝える、とても大切な工程だと思っています。

という3つの工程がふめて、はじめて質の高いクリエイティブがリリースできると考えています。

お問い合わせ

©2011 KANIKAPILA DESIGN Inc.